• 黑木ライ

コンポジ撮影 吉田茉耶さん

ご依頼にて宣材写真(コンポジ)撮影をしました。 モデルの吉田茉耶さん。撮影は今回が2回目。前回はハウススタジオだったので野外では初めての撮影でした。


目次

  1. カジュアルスタイルで千駄ヶ谷

  2. くもりの撮影

  3. 小道具あるとストーリー性がでるよね

  4. 前ボケの考察

  5. 宣材写真(コンポジ)のご依頼受付けております

カジュアルスタイルで千駄ヶ谷

ご依頼の内容としては、Tシャツ&デニムのようなカジュアルなスタイル。

いただいた衣装から西海岸をイメージしたので、千駄ヶ谷付近が思い浮かびました。原宿駅から千駄ヶ谷駅ふきんは何度も歩いたことがあったので、ロンハーマンを中心にその前後のあたりで撮り歩きしようと決めました。原宿や表参道と違って人通りも少なく、でもオシャレで落ち着いた雰囲気で好きな一帯です。

14時に原宿駅集合で撮影スタート。 新しくなった原宿駅は初めて。雨が心配でしたが、前半は降らず。後半、小雨が降り出しましたが、衣装チェンジしてなんとか撮りきりました。 約2時間で550枚ほど。わりとのんびり撮ってこのくらい。


傘をさしたオフショット。 笑顔がステキです。

新国立競技場を右に見つつ、千駄ヶ谷駅の方へ。 東京オリンピックはどうなることやら…とか思いつつ。 隈研吾の話をしたり(うんちく言いたがり)。

くもりの撮影

今回はくもりでしたが、わりと明るいくもりだったので撮りやすかったです。もしピーカンだったらもっと夏っぽいカットをねらったと思います。自分がくもり男なので、くもりになることが多い、うーん… カメラマンとしては晴天のしかもトップライトぐらいが腕の見せどころと思ってるのですが、なかなか発揮する機会にめぐまれません…笑

薄ぐもりはお肌もきれいに見えるし、影の方向性もないので撮りやすいっちゃあ撮りやすいのですし、個人的にもアンニュイな雰囲気好きなので、やぶさかではないのですが…ごにょごにょ


↑メガネ屋さんの前のベンチ。赤い脚がかわいかった。 外にあったベンチですが、お店の人に一声かけてから撮りました。何事もあいさつやコミュニケーションがだいじです。 オシャレなお店の前はふつうに絵になります。ここはガラスの反射も絵になると思って選びました。


小道具あるとストーリー性がでるよね

小道具としてコーヒーショップでアイスコーヒーも購入。 スタバとかドトールとかだと、悪目立ちする場合もあるのですが、今回のはいい感じになじんでくれました。 コーヒーやカバンなど、ちょっとした小道具があるとポーズも撮りやすくなります。ストーリー性も生まれます。ふむふむ。


前ボケの考察

↑ここもオシャレなショップ。 黒のTシャツと黒の壁だったのですが、壁の黒がやや薄かったので、なじむかなと思って撮りました。手前の緑の前ボケは全身を撮るために車道まで出て撮ったときに入ったものです。 自分の作品撮りのときは前ボケを多用するのですが、宣材写真の場合はあまり前ボケは入れません。あくまでモデルさんが主役なので、前ボケが主張しすぎたりしないようにするためです。添える程度やモデルさんを引き立たせる効果がありそうなときは前ボケを使うこともあります。その辺のバランスが難しい。 作品としての「写真」と、モデルさんをアピールするための宣材写真は撮る目的が違うので、その辺を考えつつ撮ってます。 でも、ときにはワガママに自分の趣味全開で撮ってみたいし、案外それがモデルさんの新しい魅力を引き出すことになるかもしれないので、まあ奥が深いです。


↑宣材写真ぽくないけど、こういう雰囲気が個人的に好きです。 歩道橋はテッパンの撮影スポットですが、ミントグリーンな色がかわいい歩道橋です。

今回、コロナ明けでひさしぶりの野外撮影でした。 ひさびさでカンが戻るか心配でしたが、モデルさんのおだやかな雰囲気もあってリラックスして撮ることができました。感謝です。


宣材写真(コンポジ)のご依頼受付けております

モデルさん、アーティストさんの宣材写真、コンポジ用の撮影承っております。こちらに料金表があります。ご依頼は ryekuroki@gmail.com かインスタのDMまでください。ご相談だけでもお気軽にください。

8回の閲覧
  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black
  • Black Instagram Icon

© 2018-2020 Rye Kuroki